about gravity skate board バー
GRAVITY SKATEBOARDの商品を見る
GRAVITYは1994年、カリフォルニア州サンディエゴのガレージで設立されたロングスケートボードブランド。 創業以来、MADE IN USAにこだわり続け、スケート工学に基づいたカービングスケートボードを追求した結果、その高いクオリティとリーズナブルな価格から様々なシーンで多くのサーファーに愛され続けてきた。 そして日本では究極の陸上型サーフィン、サーフスケートを実現できるトラック「スラスターシステム」を装備出来るようになり、現在もなおサーフスケートシーンを牽引し続けている。

1975年からスケートトラックを製造する老舗メーカーDART社製を使用。

DARTは場所を選ばず高速での安定性に優れているので、よりサーフィンに近いフィーリングを感じることができる

GRAVITYに使用されているDART TRACKはハンガーがデッキとウィールの間に大幅な隙間を入れるという点でミドルハイトラックと呼ばれ、ウィール接触を減少させている。

1969年創業、世界最高峰といわれるLABEDA社製のウィールを使用。

弾力性に優れ、その乗り心地は他社のウィールメーカーの追随を許さない。

極寒地のカナダの標高の高い場所で育ったカナディアンメープルを厳選使用。(中国産のチャイナメープルは、暖かい地域で成長する分、成長が早く、目が粗い)

木目を縦横交互に7層に重ねる事によって、強度を出している。


 
USAコンプリートトラック
ランドルトラック

直進性と安定性を備えたスラローム系のカービングトラック。
パークやボウルでの使用も可。
ターンをするときは体の軸を意識した体重移動を必要とする。
サーフィンの感覚に例えるならツインフィンの動きに近い
ショートには前のみ、ロングには前後セットがオススメ。



GRAVITY SKATEBOARDの取り組み“HAPPY GREEN FEET”とは?
“HAPPY GREEN FEET”とはGRAVITY SKATEBOARD STAFFたちの環境問題に対する取り組みです。彼等は地球環境に対してさまざまな取り組みを実践しており、その中には私達サーファーやスケーターも身近に参加できるものがあります。 普段の生活に取り入れることの出来る何気ない取り組みこそが私達の地球を救うのです。 ビッグネームやMONEYにかかわらず、あなたの取り組みこそが明日の地球環境を変えることになります。

happy green feet image

1. GRAVITY SKATEBOARDが使用している木材は再生可能な森林から採取したものです。 happy green feet logo

2.余った木くずなどは集めて他の木製商品に再利用しています。

3.出荷の際のパッケージは再生紙を利用しており、木材と同様、再利用しています。

4. GRAVITY SKATEBOARDの工場員は地球環境に関してみな同じビジョンをもった人たちばかりです。

5. GRAVITY SKATEBOARDのG-Tech Fiberは中身に長い繊維を使用しており、環境に優しく悪影響をもたらすことはありません。

6.グラフィックに使用するインクは水性で毒性はありません。

7.私たちは出来る限り車を運転せずにSKATEで移動しています。